FC2ブログ
 1件ずつ表示 
2012.05.27 Sun

写真新世紀仙台展


偶然立ち寄った仙台メディアテイクで
写真新世紀展をしていた

キャノン主催の写真コンテストの作品展でした
それさえ知らずふらっとたちよりました

そこに展示されている写真をみて
どんなレンズを使ってるかとか
カメラの機種はなに?とか
そんな事はいっさい考えませんでした

写した人は何を思ったのか
この写真はなにを訴えかけているのか
写真そのものが一枚の物語のようで
一枚一枚に引き込まれてしまいました。

とくに引き込まれたのが
紹介文にただ自分が撮りたい物を撮るだけです
と書かれた方の写真

よく目にする無機物を無造作に撮っているのです
構図は曲がってたり
ピントがずれてたり
ただその写真からはその被写体を撮りたかったという
思いだけは伝わってくるのです
別に意味なんか無い
それが撮りたいそれだけ

少し寒々しい雰囲気の写真たちに
なぜか惹かれてしまうのです

最優秀賞を撮られた方はさすがって感じですが
やはりものすごいインパクトでした。

HPでも見られるのですが
大きなパネルから感じるインパクトをもう一度感じたいので
期間中にもう一度行こうかと思ってます

スポンサーサイト

続きを読む
Category: 未分類 Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

この記事へコメントする:


    

この記事のトラックバックURL:

http://junko619.blog.fc2.com/tb.php/185-be85fb9e

この記事に対するトラックバック: