FC2ブログ
| main |
2013.02.24 Sun

ライフ・オブ・パイ

DPP_14_convert_20130224170926.jpg

虎と一つの救命ボートで漂流するというお話なのです
なんとなくディズニーっぽい動物との愛の交流の話かなと思ったら
そんな事はなくて虎は結局野生の虎のままでした

こんな絶望的な人生を見た事ないっていうくらい
壮絶な絶望を抱えて
そして悲しいくらい綺麗な映像でした

生半可な絶望じゃあんな綺麗な景色は見れないのかも知れないなと思います

DPP_15_convert_20130224171053.jpg


生きて行く力が湧いてくるそんな緊迫感のある映画でした




続きを読む
スポンサーサイト
Category: 日記 Comments (0) Trackbacks (0)
2013.02.18 Mon

もしも

R0012836.jpg


写真でしか気持ちを伝える術が無かったとしたら

私はどんな写真を撮るだろう
続きを読む
Category: 日記 Comments (0) Trackbacks (0)
2013.02.13 Wed

雪景色撮影会

DSC_0077-1.jpg


黒伏高原へ行ってきました
雪景色を撮るのはほんと大変です

難しくて寒くて泣きそうでしたが
ご一緒してくださった方との
お話が楽しくてのんびりと楽しめた旅行でした。

DSC_0099-4.jpg



カメラを始めたときは
コンテストに応募しようとか
褒められる事や争う事ばかり考えてましたが
こうやってのんびりと写真を撮る事を楽しむっていいなと思います

もっとも写真を知れば知るほど
コンテストに応募出来るような技術がないって事が
身にしみてしまうのです。

DSC_0143-1.jpg



ゆっくり写真を撮るって言う事を楽しみたいと思います。


続きを読む
Category: 小旅行 Comments (0) Trackbacks (0)
2013.02.06 Wed

レ・ミゼラブル

DPP_8_convert_20130206143153.jpg


昨日レイトショーでレ・ミゼラブルを見てきました

パン一個妹の子の為に盗んだジャンバルジャンが一生追われる身になりながらも
愛を貫くというお話なのです

全編台詞が歌になっていてミュージカル形式になってました
普通の台詞だと説明っぽくなるような事も
歌にすると心に響いてくるのです

三時間でしたがあっという間という感じで
お話に引き込まれてしまいました

途中地震がありましたが
逃げるより見てた方がいいって思うほど面白かったです


私が見る映画の主人公は女性が多くて
しかも強くて王子様を守ってしまう
男性よりも頼りがいがあるようなキャラが多かったような気がします
男性が主人公でもイケメンだったり繊細だったりで
愛情受け身系っぽいなと思います

久しぶりに強くてたくましい男性の主人公を見たなと思いました
自分から人を愛して守ろうっていう男性ってとても新鮮に感じました

私より上の年代の女性も男性も
精神的にタフで体力もかなりあるような気がします。
朝農作業してパートで働いて夜はバレーボールなんていう先輩奥様は
結構ざらにいたりします。

年の差婚が流行っていて
男性は熟女好きで女性もかなり年上のおじさま好きのかた居るようですが
それくらいの年代の方って若者にはない精神的なタフさと包容力があるから
モテちゃうのかなって思います。

身近にジャンバルジャンの様な
辛い目にあっても卑屈にならない
包容力と腕力のある男性がいたら惚れちゃうだろうな

フランス革命あたりの話だと思うのですが
革命を起こす学生たちの心の強さも相まって
久々に男気のある映画だったなと思いました







続きを読む
Category: 日記 Comments (0) Trackbacks (0)
2013.02.03 Sun

自信が崩壊した週末

DPP_7_convert_20130203200916.jpg

アルバイトで写真を撮る仕事をしています。
自分の好きな写真を撮るのと
商業的な写真を撮るという事は全く違うのです

どうしてだめなのか
なぜ私の写真がだめで
あの人の写真がOKなのか

鈍器で頭を叩かれたような感覚と
本当に音を立てて崩れていくプライドを感じました

悔しさと情けなと

すべてが自分の元から居なくなってしまうような感覚を覚えました

大げさなと思うかもしれませんが
本当に悔しくて情けなくてどうしようもなかったのです、

自分なんてもう駄目だって思いました、
だめな私を友達だと思っていてくれる人なんて居ないとも思いました

DPP_6_convert_20130203201038.jpg



不思議なもので
それでもカメラ嫌いじゃないんです。
シャッターを切れば わくわくするのです
去って行った人達だって大好きな人達なのです



せっかく掴んだあこがれの仕事です
もっともっとぼろぼろになる事だって覚悟しなきゃです。

才能がなければ社長が判断するでしょう。
それまでは自分からは決してやめない。


やっぱり私はカメラが好きなのです。





続きを読む
Category: 日記 Comments (0) Trackbacks (0)