FC2ブログ
| main |
2010.07.12 Mon

キャバ嬢のような同僚

女性は全員主婦という職場で働いています。

一人、かなりの美人がいます。
美人は必要以上に好かれていないと気がすまないのか
お色気ムンムンで仕事をします。

愛されるためなら仕事をするっていう勢いです

必要以上に盛った茶髪のロンゲに
プルップルのグロスたっぷりの唇に
孔雀のようなアイメイクで迫ります。



正直思います

疲れるだろうな。


普通にしててもあれくらい美人だから
もてるだろうに
それ以上愛されたいだろうなと。
好きじゃ物足りない。
身もよじるくらい愛されていないと
生きている気持ちがしない。

そんな感じがしてしょうがない。




人とのコミニケーションってなんだろう?って思います
ある程度の欠点なら許せるのが人間関係なのかな?
とくに仲間とか同僚とかそういう関係なら
必要以上にくっつくこともないし
嫌うこともないだろうと思います。


不安が強いのかな?
不安だから必要以上に愛されたいのかな?



人より凄いとか偉いとか美人とか素敵とか
だれかより優れてるっていう
優越感で心の均衡を保ってしまうと
疲れるくらいの努力をしないといきていきないのかな?




そう考えると、私も今までそうだったのかなと思う。
必要以上に努力して資格をとって
資格を取ったからってどうなることもなく
結局趣味で使っていたPCの知識で就職が決まった。

自然体でいいのかな?
誰かに勝つことを目指すことが
実は自分を苦しめていること

楽に生きるってどういう事なのか

結局「許す事」なんだなと。



とりあえず、もういいよ
頑張らなくて。自分。

今までお疲れ様。
楽に生きましょう。自分。


またまた大切なことを同僚から教わりました
本当にありがとう。
続きを読む
スポンサーサイト
Category: 未分類 Comments (0) Trackbacks (0)